PR

 英Vodafone Groupは英国時間2008年5月16日,ソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームやオンライン管理ツールの開発を手がけるデンマークのZYBを買収すると発表した。買収金額は3150万ユーロ。ZYBは今後もデンマークにとどまり,買収完了後にVodafoneのインターネット・サービス部門に統合される。

 ZYBのソーシャル・ネットワーキング・プラットフォームはモバイル機器を想定して設計しているのが特徴で,ユーザーはモバイル機器のアドレス帳に載っているほかのユーザーと情報の共有やメッセージのやりとりを行うことができる。また,同社が提供しているツールを利用することで,モバイル機器に記録された連絡先やカレンダー情報をオンラインにバックアップすることができる。

 Vodafoneのインターネット・サービス部門ディレクタのPieter Knook氏は,「Webポータル・サイトを使ってパソコンとモバイル機器をつなげることで,ZYBはユーザー同士がインタラクティブに通信する手段を提供している」と説明する。「今回の買収は,通信に関するユーザーの全てのニーズを満たす製品/サービスを提供するという私たちの戦略に沿ったもの」(同氏)。

 またZYBのCEOのTommy Ahlers氏は,「世界中にユーザーを持つVodafoneと手を結ぶことで,これまでよりも多くのモバイル・ユーザーにパソコンのようなリッチでインタラクティブな通信体験を提供できる」としている。

 なおAhlers氏は,同社の公式ブログで,「ZYBは買収後も,世界中の全てのユーザーに対してオープンかつ無料」と説明し,Vodafone以外のユーザーにも継続してサービスを提供していく方針を明らかにした。

[発表資料へ]