PR
写真●パソコンにインストールする専用ソフト
写真●パソコンにインストールする専用ソフト
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2008年5月22日,自宅パソコンに保存した動画や音楽ファイルなどを,携帯やパソコンを使って外出先から視聴できる「ポケットU」を発表した。6月6日からサービスを開始する。利用料金は月額525円。同社は2008年4月末の決算発表時に,第1四半期(4月~6月)にホームエリア向けサービスを開始すると宣言していたが(関連記事),今回のポケットUは「その第1弾」(NTTドコモ)。5月27日に予定する端末発表会で第2弾のサービスも発表するという。

 ポケットUは,外出先の携帯電話などから自宅パソコンのフォルダにアクセスし,動画や静止画,音声ファイル,文書ファイルなどを閲覧できるサービス。携帯電話では,iモードメニューから「ポケットU」メニューを選択することで,指定したフォルダに保存した自宅パソコンの各種ファイルがメニュー表示される。ポケットUを利用するには,あらかじめ自宅パソコンに専用ソフト(写真)をインストールし,ブロードバンド回線を経由してパソコンとドコモのネットワークとをVPN(仮想閉域網)接続しておく必要がある。ブロードバンド回線は,VPNが利用できるタイプであれば制限はない。

 対応する端末は,902iシリーズ以降,F1100,HT1100,一部機種を除く703iシリーズ以降,らくらくホンシリーズ。利用に当たっては「パケ・ホーダイ」や「Biz・ホーダイ」などドコモが提供するパケット定額プランへの加入が必要になる。なおドコモ・ユーザー向けのWebサービス「My DoCoMo」でID(DoCoMo ID)とパスワードを取得すれば,ノート・パソコンからでもブラウザ経由で外出から自宅パソコンにアクセスできる。

 携帯電話1契約につき,ポケットUを利用できる自宅パソコンは1台のみ。家族で利用したい場合などのために,1台の自宅パソコンにつき最大5台の端末の接続が可能という。

 同社は,ポケットUの機能を継続的に拡張していく予定という。2008年度の第2四半期には,市販のハードディスク・レコーダーに保存した動画を,外出先から携帯電話で視聴できる機能を追加する。対象となるハードディスク・レコーダーは,UPnPメディア・サーバー機能に対応した機種。同社のWebページ上で,動作確認した機種をアナウンスしていく予定だという。

[発表資料へ]
[サービス紹介ページへ]