PR

 次世代PHSサービスの2009年開始を計画しているウィルコムは2008年5月22日,主な端末の開発ベンダーとしてネットインデックス社ならびにNECインフロンティア,またバックボーンシステム(接続制御や認証,位置管理などを行う設備群の総称)の開発ベンダーとして米Starent Networksを採用することを決めたと発表した(発表資料)。

 端末の開発ベンダーについては,「低消費電力化など現行PHSの特長や優位性を継承し開発することが重要」と位置づけ,現行のPHS端末開発において既に高い実績のある2社を選んだという。なお,ネットインデックス製(ホームページ)端末には,イスラエルAltair semiconductor社(ホームページ),NECインフロンティア((ホームページ))製の端末にはカナダWavesat(ホームページ)/エイビット(ホームページ)製のベースバンド処理ICを搭載する。Altair semiconductor社とカナダWavesat社は,共にモバイルWiMAXなど変調方式にOFDMを採用した無線ブロードバンド向けの低消費電力な半導体の開発に実績を持つ企業である。エイビットは,PHSマーケットで始めてW-OAM・PHS用チップセットの量産に成功し,過半数以上のマーケットシェアを有しているという。NECインフロンティア製の端末に向けて,Wavesatとエイビットはベースバンド処理ICを共同開発する。

 バックボーンシステム開発ベンダーとして選択したStarent Networks(ホームページ)については,世界各国の主要モバイル・オペレーターへの導入実績があり,次世代PHSのバックボーンシステムが構築できるとしている。なお基地局の開発に関しては,京セラを軸として開発を推進している。