PR

 民事再生法の下で経営再建を目指しているニイウス コーは、子会社である「金融エンジニアリング・グループ(旧社名はニイウス金融エンジニアリング・グループ)」の全株式を、5月28日付で新日鉄ソリューションズ(NS-SOL)に売却すると発表した。売却金額は36億5000万円である。

 ニイウス コーは、4月30日に発表した経営再建策で、本業とのシナジーの薄い金融エンジニアリング・グループを売却することを表明していた。金融分野を強化したいNS-SOLとの意向が一致し、売却交渉がまとまった。

 金融エンジニアリング・グループは、金融分野の数理分析やデータマイニングといった専門性の高いソリューションを強みにしている。2008年3月期の売上高は18億1400万円、経常利益は1億8000万円である。

 今回の子会社売却で、ニイウス コーが抱える主な子会社は、今後の本業と位置付けた日本IBMのディーラー事業を主に手掛けるニイウスと、データセンター事業などを手掛けるビックニイウスに絞られた。本業を再建するためのスポンサー探しは継続中だという。