PR

 米Googleは中小企業向け検索アプライアンス「Google Mini」の新機能について,米国時間2008年5月27日に公式ブログへの投稿で明らかにした。ファイルの価値を判断するなど,ユーザーから要望の多かった機能を追加した。

 「Source Biasing」機能では,ユーザーが情報源の優先度を設定することで,より信頼度の高い書類を検索できるようにする。例えば,マーケティング用パンフレットを探す場合,完成版の方が初回ドラフト版よりも重要だと判断して検索結果を提供する。「Date Biasing」機能では,日付の新旧によって,ファイルの重要度を判断する。

 また,共有サーバーに格納されたファイルを安全にすばやく巡回できるようにした。

 そのほか,管理画面とヘルプ・ドキュメントでは,新たにバスク語,カタロニア語,ガルシア語,ギリシア語,ハンガリー語,ポーランド語に対応した。

[公式ブログへの投稿記事(1)] [公式ブログへの投稿記事(2)]