PR
BladeSymphony SP(Simple Pack)
BladeSymphony SP(Simple Pack)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は,オフィスに設置して使うためのブレード・サーバーの新モデル「BladeSymphony SP(Simple Pack)」を,2008年6月30日に出荷する。静音性と100V電源に特徴がある。高さ16Uの用きょう体に最大7台のサーバー機とストレージ/UPSを搭載する。価格は,424万9350円から。保守料は年額18万5220円から。

 BladeSymphony SPは,オフィスに設置することを狙ったブレード・サーバー。高さ16Uの専用のキャビネットきょう体に,最大7台のブレード・サーバー機,ストレージ,最大3台のUPS(無停電電源装置)などを搭載する。最大の特徴は,オフィスの電源コンセントが使えるように100V電源で動作するようにした点と,オフィスで問題になる騒音をサーバー7台稼働時に45dBと低く抑えた点である。「閑静な住宅地の夜間で耳障りにならないレベル」であるという。

 主な仕様は以下の通り。キャビネットきょう体は高さ16Uで,幅60×奥行134.4×高さ82cm。重さは226kg。搭載可能なサーバー・ブレードは,高さ6Uのサーバー格納領域に最大7台で,デュアルコアXeon E5205搭載機またはクアッドコアXeon E5405搭載機のいずれかを格納する。ストレージは,高さ2Uの格納領域に,SASディスクを6台または12台搭載する。容量は855Gバイト,1.7Tバイト,3.4Tバイトのいずれか。ネットワーク・スイッチは高さ2U。

■変更履歴
第3段落で搭載可能なサーバー・ブレードの数を,クアッドコアXeon E5405の場合で最大6台としていましたが,7台です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2008/05/28 18:22]