PR

 米Microsoftは米国時間5月27日,教育機関向けに各種のオンライン・コミュニケーション/コラボレーション・サービスを提供する「Microsoft Live@edu」に,次世代統合コミュニケーションの開発研究プログラム「Microsoft Exchange Labs」を追加すると発表した。

 Exchange Labsで提供するホスティング型の電子メール・サービスは,受信箱の容量が最大で10Gバイト,添付ファイルの容量が最大で20Mバイト。ユーザーは,Outlook Web AccessやMicrosoft Office Outlook,Web対応の携帯電話などから電子メール/連絡先/カレンダにアクセスすることができる。

 Exchange Labsの追加により,ユーザーは安定性とセキュリティに優れた電子メール・サービスを利用できるようになるほか,セキュリティの向上と導入の簡素化で,大学のIT管理者の負担も軽減されるという。また,Exchange Labsのアカウントは卒業後も維持されるため,大学時代の友人と簡単に連絡を取ることが可能。

 Live@eduは,スケジュール管理やファイル共有,コラボレーション機能などを教育機関に提供するホスティング型サービスで,Web電子メール・サービスの「Windows Live Hotmail」,メッセンジャ機能を持つ 「Windows Live Messenger」,Office文書をオンラインで保存・共有できる「Microsoft Office Live Workspace」,オンライン・ストレージ・サービスの「Windows Live SkyDrive」などが含まれる。

 Microsoft Live@eduのグループ・プロダクト・マネージャであるAnna Kinney氏は,次のように述べている。「電子メールやSNS,IM,テキスト・メッセージなど,大学生が利用するテクノロジは日々進化しており,大学側はこうした変化に対応したいと考えている。革新的なMicrosoft Live@eduを利用することで,課題を解決できるだろう」。

[発表資料へ]