PR
写真●同技術で使うゲル状インク
写真●同技術で使うゲル状インク
[画像のクリックで拡大表示]

 米Xeroxはドイツで現地時間2008年5月29日,多種多様な素材への印刷が可能なゲル状インクによる新たな印刷技術を発表した。

 同技術で使うゲル状インクはピーナッツ・バターのような粘度があり,プラスチックやアルミホイルといった素材に吹き付けても流れて形が崩れたりしない。その状態で紫外線パルス光を照射して硬化させ,印刷処理を完了する。液体インクを使う既存技術と違って乾燥処理が不要なので,印刷に必要な時間を短縮できる。

 この印刷に使うプリンタ・ヘッドは,一般的なサーマル方式インクジェット印刷用のヘッドに比べ寿命が10倍長いという。1秒間に4000万滴以上のインクを噴射することで,印刷速度を高めている。

 なお,まだ研究段階の技術だが,将来は商品パッケージへの印刷やオフセット印刷などに応用できると見込む。

[発表資料へ]