PR

 マイクロソフトは2008年6月3日,同社が提供しているWebサービス基盤「Windows Liveプラットフォーム」に関する日本語技術情報の提供を始めた。マイクロソフトの開発者向けサービスであるMSDN(Microsoft Developers Network)のWebサイト内に「Windows Liveデベロッパーセンター」を開設,各サービス/コンポーネントの概要,SDK(ソフトウエア開発キット)に含まれるAPI(Application Programming Interface)のリファレンスなどを,日本語化して公開している。

 Windows Liveプラットフォームは,様々なWebアプリケーションに組み込んで利用できるWebサービスのコンポーネント群だ。現在,ユーザー認証サービス「Windows Live ID」,検索サービス「Live Search」,動画のストリーミング配信サービス「Silverlight Streaming」,地図サービス「Virtual Eatrh」など5分野12種類のコンポーネントを提供している。広告料でサービスを運営しており,基本的には無料で利用できる(ただしVirtual Earthの商業利用/政府による利用は有料)。

 これまでもWindows Liveプラットフォームを利用したWebアプリケーションの開発は可能だったが,ドキュメントが英語のみだった。現在もSDKの一部ドキュメントなどは日本語化していないが,今後さらに日本語化を進めていくほか,イベントでの情報提供や,外部のプログラミング・コンテストに協力するなどの形で,日本の開発者による利用を促す。

 併せてマイクロソフトは,日本での先行事例として,USENが動画配信サイト「Gyao」で,新着ムービーや配信終了が迫ったムービーの情報,人気ランキングなどを通知するサービス「Gyaoアラート」を同日に開始したことも発表した。従来,この種の情報はメールで配信していたが,Windows Liveプラットフォームの一つであるメッセージ通知サービス「Windows Live Alerts」を用いて,ユーザーがデスクトップに現れるメッセージ・ウィンドウで通知を受け取れるようにした。