PR

 米NetSuiteは米国時間2008年6月2日,オンデマンドのプロフェッショナル・サービス自動化(PSA)ソフトウエアの米OpenAirを買収することで合意に達したと発表した。NetSuiteは現金で2600万ドルを支払うことで合意しており,従業員が2010年中旬まで権利を行使できる制限付き株式500万ドル相当も引き受ける。手続きは2008年6月に完了する見通しだという。

 OpenAirは,PSAやプロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)ソリューションなどを提供するSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)プロバイダ。買収後,NetSuiteはOpenAirの全従業員56人を迎え入れ,ボストンにあるOpenAirのオフィスをNetSuiteの東海岸地域の本部とする。今回の買収により,NetSuiteはプロフェッショナル・サービス,ビジネスおよびITコンサルティング,法務,会計といったサービス企業向け製品の開発促進を狙う。

 NetSuiteは,最低でも今後10年間はOpenAirの現行のソフトウエア技術への投資を続けるほか,2008年内に両社のWebサービスの統合を計画している。また,OpenAirの技術をNetSuiteのERP/CRM/eコマース・スイートに追加し,サービス中心型の企業にエンド・ツー・エンドのオンデマンド型ビジネス管理スイートを導入するオプションを提供する予定だという。

発表資料へ