PR
[画像のクリックで拡大表示]

 野村総合研究所(NRI),通国際情報サービス(ISID),SRA OSS日本支社は2008年6月4日,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)を設立した。エンタープライズ領域におけるオープンソース・ミドルウエアの普及推進活動を共同で行う。

 同日,設立総会を開催した。3社のほかサン・マイクロシステムズ,オープンソースCRM,ターボリナックス,日立システムアンドサービス,フライトシステムコンサルティングの5社が正会員として参加している。理事長にはSRA OSS日本支社長 石井達夫氏が就任した。

 「オープンソース・ソフトウエアにはライセンス費が不要,特定ベンダーへの依存排除,長期間にわたる保守が可能といったメリットがあるが,エンタープライズ領域にはオープンソース・ミドルウエアまだ普及していない。適切な情報やノウハウが不足していることが原因」(ISID)。具体的な活動としては,Webサイトやメール・マガジンによる情報発信,セミナーの開催,イベントへの出展などを行う。また提案要請などを受け付ける「OSS相談窓口」を設置する。

 日本PostgreSQLユーザ会やSeasarファウンデーション,日本JBossユーザ・グループ,日本MySQLユーザ会といったオープンソース・コミュニティとも連携していく方針。

 個人および法人を対象にした,会費無料の一般会員も募集する。一般会員の会員数は初年度1000名を目標としている。