PR
[画像のクリックで拡大表示]

 オーシャンブリッジは、遠方の見込み顧客などに自社製品を紹介するため、同社の製品担当者と相手のパソコン画面をインターネット経由で共有してデモンストレーションを行う「無料遠隔デモンストレーションサービス」を開始する。

 画面共有は、同社が販売しているASP型パソコン向け遠隔サポートツール「ISL Light」で行う。同じ画面を見ながらデモンストレーションするため、電話では表現しにくい内容も説明できる。担当者が先方を訪問することなく、また見込み顧客に出向いてもらう必要もなく、その場で詳しい商品説明が行える。

 顧客のパソコンに事前にソフトウエアをインストールする必要はない。スタート時に実行ファイルをダウンロードし、起動後セッションコードを入力し、接続ボタンをクリックするとセッションが開始する。インターネット接続可能なパソコンと電話があれば利用できるため、場所を選ばずデモンストレーションが可能。移動にかかる時間やコストを抑えて、営業活動を全国に展開できる。

 同社は、文書共有システム「Net-It Central」、ファイル圧縮ソフトウエア「NXPowerLite」、ファイル表示ソフトウエア「Brava!」、図面/文書共有システム「ProjectDox」などを紹介していく。デモンストレーションの利用申し込みは、Webサイトで受け付ける。

■関連情報
・オーシャンブリッジのWebサイト http://www.oceanbridge.jp/