PR

 米McAfeeは米国時間2008年6月4日,世界における危険なWebサイトに関する調査結果を発表した。それによると,最も危険性が高い国別ドメインは「.hk」(香港)で,前年調査時の28位から一気にワースト1になった。香港ドメインを持つサイト全体の19.2%にセキュリティ上の問題があったという。

 ワースト2の「.cn」(中国)も昨年の11位より危険性が高まった。中国ドメインを持つサイト全体の11%にセキュリティ上の問題が見つかった。

 McAfeeのリサーチ・アナリストであるShane Keats氏は,これらの国別ドメインが悪用されやすい背景には,ドメイン登録料金が安いことや,これらの国での規制が緩いことがある,と指摘している(CNET News.com)。

 逆に,安全な国別ドメインは「.fi」(フィンランド)で,危険なサイトが占める割合は0.05%。次いで「.jp」(日本)が0.13%だった。そのほか,「.no」(ノルウェー),「.si」(スロベニア),「.co」(コロンビア)なども危険なサイトの割合が0.3%未満と低かった。

 Webサイト全体で,スパイウエアやアドウエア,ウイルスなどの不正なソフトウエアがWebサーフィン中にダウンロードされる割合は,2007年と比べ41.5%増加した。

 調査は,265の国別ドメインおよび汎用ドメインの合計990万サイトを対象に実施した。

[発表資料へ]