PR

 松下電工インフォメーションシステムズ(松下電工IS)は,ファクス(FAX)送信をインターネット上のSaaS形式で利用できるようにするサービス「インターネットFAX配信ASP/SaaSサービス」を,2008年7月1日に開始する。価格は送信枚数の規模に応じて変わり,もっとも少ない枚数で1枚あたり20円(税別),もっとも多い枚数で1枚あたり15円(税別)。販売目標は初年度6000万円。

 インターネットFAX配信ASP/SaaSサービスは,ASP/SaaS形式で利用できる,ファクス送信サービス。インターネットを介して,同社のデータ・センターに業務アプリケーションからHTTPSでアクセスし,HTTPリクエストのかたちでファクス・データの送信とファクス送信依頼を実施する。リクエストに含まれるユーザーIDを用いてユーザーを識別し,枚数に応じて課金する仕組み。

 送信データの用紙サイズは,A4,B4,A3の3種類から選べる。HTTP経由でASP/SaaS側に引き渡すファクス・データのデータ・フォーマットは,PDF,TIFF,テキストの3種類のいずれか。送信時刻の指定が可能であるほか,不達時の再送信,Web画面ポータルや電子メールによる送信結果通知などが可能である。