PR

 アイログは,グラフやチャートなどの図表を駆使したアプリケーション画面を開発するためのソフト部品として,Microsoft.NET環境向けに,ダイアグラム部品の新版「ILOG Diagrammer for .NET 1.5」とガント・チャート部品の新版「ILOG Gantt for .NET 3.5」を,2008年6月6日に出荷した。価格は,Diagrammerが43万円(税別)から,Ganttが26万円(税別)から。開発会社は仏ILOG。

 ILOG DiagrammerとILOG Ganttは,いずれも,グラフやチャートなどの視覚的なインタフェースを備えた業務アプリケーション画面を開発するための,ソフトウエア部品である。業務プロセス同士のつながりをダイアグラムとして表現するDiagrammerでは,部門間の業務フローの流れが目で見てわかるワークフロー・アプリケーションなどを開発できる。一方でガント・チャートを表現するGanttでは,進ちょく管理アプリケーションなどを開発できる。

 今回出荷する新版では,Windowsが備えるユーザー・インタフェース作成部品との親和性を高めた。Diagrammerにおいては,WPF(Windows Presentation Foundation)との親和性を持たせたほか,設定しなくてもすぐに使えるWPF部品を多数付属させた。一方,Ganttにおいては,「ASP.NET AJAX」のコントロール(ソフト部品)との親和性を持たせ,プランニングやスケジューリング用途に作られたAjax利用のコントロールを組み込みやすくした。

 なお,仏ILOGは,.NET向けよりも前から,Java環境向けのGUIソフト部品「ILOG JViews」全6製品を提供してきている。このうちDiagrammerとGanttの2製品に関しては,Java版に加えて.NET版もラインアップしている。今回の新版は,これら.NET版の2製品のパージョンアップに相当する。