PR
写真●iPhone 3G。厚さは12.3mmと従来機の11.6mmよりも若干増した
写真●iPhone 3G。厚さは12.3mmと従来機の11.6mmよりも若干増した
[画像のクリックで拡大表示]

 米アップルは現地時間2008年6月9日,米国で開催中の開発者会議WWDC08(Apple Worldwide Developers Conference 2008)にて,iPhoneの新機種「iPhone 3G」を発表した。特徴は従来のGSMに加えて,W-CDMA/HSDPAの通信機能に対応し,高速のパケット通信が可能になった点。新たにGPS機能も備えており,位置情報と連携したアプリケーションも利用できる。米国や日本など世界の22カ国で7月11日から発売する。価格も従来機よりも大幅に下げた。米国での価格は8GBモデルが199ドル(約2万1000円),16GBモデルが299ドル(約3万2000円)となっている。

 iPhone 3Gは,新たなiPhone向けOSであるiPhone 2.0を搭載。iPhone 2.0では,企業向け機能を強化しているのほか,サード・パーティ製のアプリケーションもインストール可能だ(関連記事)。アップルが開始をアナウンスしていた,iPhone用のアプリケーション販売サイト「App Store」も,iPhone 3Gの発売と同時に世界62カ国で開始する。

 日本においては6月4日にソフトバンクモバイルが,年内にiPhoneを発売することを発表していた(関連記事)。この時点では詳細は不明だったが,今回のアップルの発表によって世界各国と同じ7月11日に,ソフトバンクモバイルがiPhone 3Gを発売することが明らかになった。

[発表資料へ]

[発表資料へ(ソフトバンクモバイルから日本で発売のリリース)]