PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ECナビ、朝日新聞社、朝日新聞出版の3社は6月12日、現代用語の無料解説サイト「みんなの知恵蔵」を開設した。

 朝日新聞出版の「知恵蔵」などから集めた現代用語約1万語、朝日新聞の紙面に2006年1月以降掲載された約6000語のキーワード、朝日新聞の「パソコンで困ったときに開く本2008」内のパソコン用語について、解説記事の検索が可能。ユーザーは、解説が役に立ったかどうかの評価を投稿できる。

 解説ページには、ニュースサイト「アサヒ・コム」とECナビのソーシャルブックマークサービス「Buzzurl」から抽出した、該当キーワードと関連性の高いニュース記事およびブックマークを表示する。みんなの知恵蔵内の関連キーワードへのリンクと、自動実行したWeb検索の結果も掲載する。

 当面のあいだ、キーワードの新規登録は申請制とする。将来は、ユーザーが直接キーワードを編集できるようにする予定。解説記事には、原則として執筆者の実名を記載する。

■関連情報
・ECナビのWebサイト http://company.ecnavi.jp/
・朝日新聞社のWebサイト http://www.asahi.com/
・朝日新聞出版のWebサイト http://publications.asahi.com/