PR

 日本IBMは,企業向けのマッシュアップ製品「WebSphere sMash V1.0」の日本語版を6月20日に発売する。異なるWebサイトが提供するサービスを部品として組み合わせて企業のニーズに即したWebアプリケーションを開発するための製品で,開発したアプリケーションの実行環境でもある。

 開発言語はPHPとGroovyをサポートする。社内やインターネット上にあるサービスを,RSS,REST,Ajax,SOAPといった仕組みを使って,開発するアプリケーションに組み込める。例えば「複数のニュース・サービスのRSSフィードを集めてきて,ソートしてそのフィードを作る」といったアプリケーションが実現する。

 sMashは「WebSphere sMash」,「WebSphere sMash Developer Edition」,「Project Zero」の3種類のラインアップで提供する。WebSphere sMashは商用版で,標準サポートが付き有償。Developer Editionは開発者版で,標準サポートがなくライセンス制限があるが無償。Projecrt Zeroは,標準サポートがないリリース前バージョンで無償だ。

 WebSphere sMashの価格は,143万円(税別,保守などを含む「PAX料金」を適用した場合)から。オプションで,sMash上で動くキュー同士の通信の信頼性を高めるための「IBM Reliable Transport Extensions」を28万6000円(同)で用意している。

[発表資料へ]