PR

 米Verizon Communicationsは,高速DSLサービスの提供を大幅に拡大した。米国20州およびコロンビア特別区の340万世帯が提供対象となる。2008年1月のサービス開始当初は対象範囲が40万世帯のみだった。

 同サービスの下り最大速度は7Mビット/秒で,同社が提供する従来型DSLサービスの2倍以上に相当する。年間契約した場合の月額サービス料は42.99ドル。セキュリティ製品や電子メール・サービスをはじめ,テクニカル・サポート,オンライン・ゲーム,エンタテインメントなどの各種バンドル・サービスも用意している(内容によって追加料金が発生する)。

 Verizonのブロードバンド・ソリューション担当バイス・プレジデントであるSusan Retta氏は,「多くの顧客は生産性と効率を上げるためにより高速なインターネット・サービスを求めている。同サービスは,ケーブル経由の接続より優れた速度と機能を提供する」と述べた。

[発表資料へ]