PR

 ソフトバンクモバイルなど7社は、このたび共同で「NFC」(Near Field Communication:近距離無線通信)技術を搭載した携帯電話機(NFCケータイ)による,国際規格に対応した非接触決済のフィールド実証実験を,2008年6月16日からの4カ月間,千葉県内の複合型商業施設にて実施すると発表した(発表資料)。国内では初めての,NFCケータイのフィールド実証実験となる。

 今回の実証実験では,MasterCard PayPassというアプリケーションソフトを搭載したジェムアルトのNFC-USIMを,NFCケータイに差し込みむ。決済は,店舗のPOSレジに接続されているPayPassのリーダー/ライターにNFCケータイをかざすだけで実行できる。NFC-USIMを使う点が特徴である。

 この実証実験を通じて「世界レベルでのサービス展開を見据え,NFCケータイを活用した支払いの安全性を確保しながら処理の簡素化・迅速化を図ることでユーザー利便性やサービスプロバイダーの効率性の向上を検証する」という。世界各国のNFCケータイを推進する通信事業者や決済ベンダーなどと協力し,NFCケータイで世界中のどこのお店や通機関でも利用できるインフラの普及を検討していくという。

 今回の実験に参加するのは,ソフトバンクモバイルのほかに,マスターカード・ワールドワイド(本社:ニューヨーク州パーチェス),ジェムアルト,オリエントコーポレーション,韓国Samsung Electronics,日立製作所,日本ヒューレット・パッカードの各社である。