PR

 ソフトバンクモバイルなど7社は6月16日、国際規格の近距離無線通信(NFC:Near Field Communication)技術対応の携帯電話による非接触型決済サービスの実証実験を開始した。千葉県浦安市にある複合型商業施設で約4カ月間行う(関連記事)。国内におけるフィールド実験の実施は今回が初めて。実験結果を世界レベルのサービス展開を見据えたNFC対応端末、サービスの開発に反映させる。将来的には、海外の店舗や交通機関でNFC搭載携帯電話による決済が利用できるようインフラの普及について検討していく。

 参加企業はソフトバンクモバイルのほか、米MasterCard Worldwide、ジェムアルト、オリエントコーポレーション、サムスン電子、日立製作所、日本ヒューレット・パッカード。携帯電話にMasterCardの決済用アプリケーション「PayPass」とジェムアルトのNFC-USIMカードを搭載し、実験参加者に買い物で利用してもらう。

 NFC携帯電話を店舗のPOSレジに接続されたPayPassリーダー/ライターにかざし決済を行う。支払いの安全性確認、実運用上の課題検証、サービスプロバイダーにおける効率性向上の検証を行う。また、有効性や利用者ニーズなども調べる。

 NFCは、周波数13.56MHzの電波を使う近距離用の無線通信規格。国際標準化機構(ISO)で規格化されている。NFC対応LSI搭載機器のあいだでは、最大424kbpsの通信速度でデータをやり取りできる。電子マネー「Suica」「PASMO」「Edy」「nanaco」「WAON」などで採用されたソニーの非接触IC技術「FeliCa」や、ISO14443 TypeA/TypeBといた技術と互換性がある。

 PayPassは、MasterCardのクレジットカードに追加できる決済機能。対応端末にPayPass機能付きカードなどをかざして決済を行う。2008年第1四半期現在、全世界で2800万枚以上のPayPassカードやデバイスが利用されており、利用可能店舗は10万9000軒以上。国内では、千葉県浦安市舞浜の複合型商業施設「イクスピアリ」、千葉ロッテマリーンズのホームスタジアム「千葉マリンスタジアム」などが導入している。

■関連情報
・ソフトバンクモバイルのWebサイト http://mb.softbank.jp/mb/
・MasterCard WorldwideのWebサイト http://www.mastercard.com/jp/
・ジェムアルトのWebサイト http://www.gemalto.com/japan/
・オリエントコーポレーションのWebサイト http://www.orico.co.jp/
・サムスン電子のWebサイト http://www.samsung.com/jp/
・日立製作所のWebサイト http://www.hitachi.co.jp/
・日本ヒューレット・パッカードのWebサイト http://welcome.hp.com/country/jp/