PR
ダウンロード件数世界記録への協力を呼びかけるページ
ダウンロード件数世界記録への協力を呼びかけるページ
[画像のクリックで拡大表示]
Firefox 3のダウンロードカウンター・ページ
Firefox 3のダウンロードカウンター・ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozillaは米国時間2008年6月17日,オープンソースWebブラウザの最新版「Firefox 3」を公開した。MozillaのWebサイトからWindows/Linux/Mac OS X用バイナリを無償でダウンロードできる。対応言語数は日本語を含む約50言語。ただし,同サイトは現在(日本時間6月18日9時ごろ)アクセスしにくい状態になっている。

 Mozillaは,最新版リリースの話題作りとして6月17日を「Download Day」と定め,ソフトウエア公開から24時間のダウンロード件数で世界記録樹立を目指している(関連記事:Mozilla,「Firefox 3」でソフト公開初日ダウンロード件数の世界記録樹立を目指す)。MozillaのWebサイトによると,現在(日本時間6月18日午前9時ごろ)ダウンロード件数は毎分約6000件のペースで増えており,既に200万件を超えた。

 Firefox 3は,新たなレンダリング・エンジン「Gecko 1.9」を採用し,旧版「Firefox 2」に比べWebページの表示速度が2~3倍速くなったという。1万5000件以上の修正を施した結果,メモリーの使用量が少なくなり,安全性と使いやすさが向上した(関連記事:「Firefox 2から修正1万5000件超,日本発の技術を搭載」,MozillaがFirefox 3の説明会Mozilla,いよいよ6月17日に「Firefox 3」をリリース)。

 簡単に登録/閲覧済みWebページを見つけられる「スマート・ロケーション・バー」,ブックマーク登録作業を省力化する「ワンクリック・ブックマーク」,全画面ズームといった新機能を採用し,操作性を改善している。5000種類以上のアドオンが提供されており,ユーザーの好みに合わせてさまざまな機能を追加できる。アイコンやUIウィジェットなどを変更し,Windows Vista/XP,Mac OS X,Linux(GTK)それぞれのルック&フィールに近づけた。

 セキュリティ面では,マルウエア侵入やフィッシング・サイト・アクセスを回避する機能を内蔵。NTTと三菱電機の共同開発した暗号化技術「Camellia」によるSSL通信にも対応した(関連記事:Firefox次期版がNTTと三菱電機の暗号化技術Camelliaを採用,2002年のAES以来5年ぶりの新技術)。

[発表資料へ]