PR

 アッカ・ネットワークスは2008年6月18日,NTTドコモが6月19日に開始する「ホームU」に対応する個人向けADSLサービスの提供を準備すると発表した。ホームUは,FOMAと無線LANデュアル端末「N906iL onephone」を使って,無線LAN経由でiモード・パケット通信やIP電話(050番号を使用)による発着信を可能にするサービス(関連記事)。

 ホームU発表時にドコモは,「ドコモ網とプロバイダ網の両方とセッションを張っておく必要があるため,マルチセッションに対応した回線が必要」と説明していた。今回アッカが準備するADSLサービスは,アッカADSL網からドコモ網へ抜けるホームUへのセッションと,アッカADSL網からインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)網経由でインターネットに抜けるセッションを両方持たせる計画である。

 ただし,ホームU対応ADSLサービスの具体的な提供方法は未定。「ISPブランドで提供する」「ISPと回線をアッカが調達したうえで他社から提供する」など,いくつかの方法が考えられる。また,開始時期,料金も未定としている。提供条件などは,ドコモと調整中だという。

 ホームUが利用できるマルチセッション対応ブロードバンド回線は,現在のところ事実上,NTT東西地域会社が提供するADSLやFTTHサービスしかない。アッカが新サービスを始めることで,ユーザーの選択肢が広がることになる。

[発表資料へ]