PR

 NTTドコモは2008年6月20日,定時株主総会を開催した。質疑応答では,ソフトバンクモバイルが7月11日に国内販売を開始する米アップルのiPhoneについて,今後も販売契約の獲得を目指す方向性を示した。

 iPhoneについては「iPhoneの市場動向には十分な注視をする。今後もiPhone発売の可能性を引き続き検討する」(プロダクト&サービス本部長の辻村清行取締役常務執行役員,総会後は副社長に就任)と,米アップルとの交渉を続ける方針を示した。NTTドコモが販売契約を逃した理由として,米アップルとの契約条件が折り合わなかったとの指摘があるが,具体的な交渉の内容については秘密保持契約によって明かせないという。

 NTTドコモが法人向けに販売しているカナダのリサーチ・イン・モーションの携帯端末BlackBerryについては,個人向けに販売を開始するとの報道もあったが「一般の方への販売も鋭意検討する」(山田隆持代表取締役副社長,総会後は社長に就任)と述べるにとどめた。