PR
東京大学大学院 情報理工学系研究科創造情報学専攻 講師 笹田耕一氏
東京大学大学院 情報理工学系研究科創造情報学専攻 講師 笹田耕一氏
[画像のクリックで拡大表示]
Ruby 1.9系列のロードマップ
Ruby 1.9系列のロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]

 「Ruby 1.9系列の安定版である1.9.1は2008年12月のクリスマスまでにリリースする」---笹田耕一氏は2008年6月21日,日本Ruby会議の講演で,Ruby 1.9のロードマップを明らかにした。

 笹田耕一氏は,東京大学大学院 情報理工学系研究科創造情報学専攻 講師で,Ruby 1.9の実行エンジンである仮想マシン「YARV」の開発者。Ruby 1.9は,2007年の12月25日に正式リリースされた。

 この日,6月21日には,1.9系列および1.8系列のセキュリティ修正を含むアップデートが公開された。1.9.0-2,1.8.7-p22,1.8.6-p230,1.8.5-p231である。

 笹田氏は講演で,Ruby 1.9のロードマップを紹介した。2008年12月20日に1.9系列の安定版となる1.9.1を正式リリースする。現在の1.9.0は1.8系列との互換性の問題などから開発版という位置付けになっているが,1.9.1は実務に利用できる安定版としてリリースする。

 今後,7月25日に1.9.0-3,8月25日に1.9.0-4と後毎月25日にリリースを行う。2008年9月の1.9.0-5で仕様を凍結し,以後10月25日に1.9.1RC1,11月25日に1.9.1RC2と2つのリリース候補版を公開,する。園田裕貴氏が1.9系列のリリースマネジャを務める。

◎関連記事
【日本Ruby会議2008】東京大学にRubyをテーマにする研究室が発足