PR

 米Salesforce.comは米国時間2008年6月23日,同社のSaaSアプリケーション・プラットフォームから米Googleの各種サービスを利用するためのツールキット「Force.com Toolkit for Google Data APIs」を発表した。既に両社がWebサイト(Salesforce.comGoogle)で無償提供を始めている。

 Salesforce.comのSaaSアプリケーション・プラットフォーム「Force.com」に,Googleのサービス用API群「Google Data APIs(GData)」へのアクセス機能を付加する(関連記事:【Dreamforce 2007】SaaS版の“標準OS”を目指す、米セールスフォースが「Force.com」を発表)。これにより,オンライン・アプリケーション・サービス「Google Apps」のデータ/コンテンツを利用する新機能が,Force.com上のアプリケーションで実現できる。

 GDataへのアクセスは,Force.com用プログラミング言語「Apex code」から直接行える。Salesforce.comのSaaSアプリケーション用ユーザー・インタフェース設計機能「Visualforce」と組み合わせることで,両社の各種サービスを連携させるWebアプリケーションが容易に構築できるという(関連記事:Salesforce.com,SaaSアプリ用UI設計機能「Visualforce」を提供開始)。

[発表資料へ]