PR

 NECは,Javaアプリケーション(AP)サーバー・ソフト群の新版「WebOTX V8」を,2008年6月24日に販売開始した。価格は,機能をServletコンテナに限定した最安価のエディションで12万円(税別)から,EJBコンテナ機能を持つエディションで50万円(税別)から,ESBソフトが400万円(税別)から。販売目標は今後3年間で6万本。

 WebOTXは,NECが開発/販売する国産のJavaアプリケーション・サーバー・ソフトである。以下の3つのエディションで構成する。(1)「Web Edition」はServletコンテナ。(2)「Standard-J Edition」はEJBコンテナ。(3)「Standard Edition」は,RMI(Remote Method Invocation)に加えてCORBA IIOP(Internet Inter-ORB Protocol)を使える。これによりCOBOL/C++などのプログラムをJavaから利用しやすくなる。

 新版では,エンタープライズ(企業,大規模)向けJavaの現行最新規格である「Java EE 5」に準拠させた。これにより,プログラミング・コード量を従来比で約30%削減することが可能であるとしている。また,SIP(Session Initiation Protocol)を意識することなくNGN向けのアプリケーションを開発できるようにするAPIライブラリを搭載した。

 さらに,以上のAPサーバー製品に加えて,ESBソフトの新版「WebOTX Enterprise Service Bus V8.1」を出荷する。ESBの新版では,性能を強化した。異なるサービス間のメッセージ転送方式を最適化することにより,サービス間連携の処理性能を最大で3倍に向上したとしている。また,大容量ファイル転送のための機能を強化したとしている。

 製品の販売(受注)開始日は,いずれも2008年6月24日。出荷日は,それぞれ以下の通り。Web EditionとStandard-J Editionは2008年7月1日に出荷する。Standard Editionは2008年11月出荷を予定する。Enterprise Service Busは2008年9月出荷を予定する。なお,従来版では独立した製品として提供していたSIP Servlet(JSR116)準拠の「WebOTX SIP Application Server V7.1」に関しては,今後の製品化/出荷を予定している。

■変更履歴
今回の新版V8から「WebOTX SIP Application Server」を無くしたような記述がありましたが,同製品についても今後,新版V8を製品化する予定があります。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2008/06/24 19:05]
出荷日の情報を追加しました。[2008/06/24 18:00]