PR

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2008年6月25日,インターネット接続サービス「OCN」の個人向けサービスで,一定水準を超える大量データを送信するユーザーに対して利用制限を行うと発表した。8月1日から実施する。

 制限対象となるのは,1日の上りデータ転送量が30Gバイト以上の場合。ホームページ閲覧やメール受信などの下りデータ転送量には制限はない。

 制限違反のユーザーに対して,NTTコムは制限を超えていることを通知する。通知したにもかかわらず,一定期間改善が見られない場合には,利用停止の後に契約を解除することもあるという。

 NTTコムによると現在,数千のユーザーが30Gバイトを超えるデータ送信を行っており,「他のユーザーから通信速度が遅くなっているなどといったクレームがある」(NTTコム)という。このため,データ送信量を制限することで通信品質の安定化を図る。

[発表資料へ]