PR

 アサツーディ・ケイ(ADK)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、インタラクティブ広告事業を専門的に手がける新会社「ADKインタラクティブ」を7月下旬に設立する。

 両社グループ各社の広告事業のうち、インタラクティブ分野の広告売買と関連業務を担当する。インタラクティブ広告事業における営業力の強化、業務対応領域の拡充、新規得意先の開拓などが狙い。

 資本金は1億円、出資比率はADKが80%、DACが20%。代表取締役には、ADK執行役員兼DAC非常勤取締役の横山隆治氏が就任する。

 ADKとDACは、中国のオンライン広告会社を共同設立するなど、以前から広告分野で協力関係にある(関連記事)。

■関連情報
・アサツーディ・ケイのWebサイト http://www.asatsu-dk.co.jp/
・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムのWebサイト http://www.dac.co.jp/