PR

 ドメイン名やIPアドレスの管理を行っている非営利組織Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)はフランスで現地時間2008年6月26日,トップ・ドメイン名の命名規則の改訂案をICANN理事会が承認したと発表した。規則の改訂により,新しいトップレベル・ドメイン名の登録を申請できるようになる。

 現在,トップレベル・ドメイン名として選択できるは「.com」「.org」「.info」といった21種類に制限されている。規則の改訂により,旅行業界向けに現在利用されている「.travel」のように的を絞ったコミュニティ向けのトップレベル・ドメイン名が利用可能となるほか,ブランド名や名前を使った「.brandname」や「.yournamehere」といった新しいトップレベル・ドメイン名の申請が見込まれるという。すでに,都市名をベースとするトップレベル・ドメイン名「.nyc」「.berlin」「.paris」などに興味を示している団体があるという。

 米メディアの(CNET News.com)によると,専門家は新しいトップレベル・ドメインの登録料が10万~50万ドル,またはそれ以上になると予測しているという。

 新しいトップレベル・ドメイン名の申請の受付は,2009年初旬に公開される実装計画の最終版の承認を経て,2009年第2四半期に開始される見通しとなっている。

発表資料へ