PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Dellは米国時間2008年6月26日,新ブランド「Studio」の個人向けノート・パソコンを発表した。同社は,Studioブランドの最初の製品として,15インチ型「Studio 15」と17インチ型「Studio 17」の2モデルの提供を開始した。

 新しい2製品は,標準でWebカメラ,タッチ式のメディア・コントロール・ボタン,スロット・ロード式ドライブを備え,オプションでBlu-ray Discドライブ,水銀を使用しないLEDディスプレイ,モバイル・ブロードバンド接続機能などを選択できる。インストールされたソフトウエアを自動的に分類してアクセスしやすくするソフトウエア「Dell Dock」や,ビデオ・チャット用のソフトウエア「Dell Video Chat」を搭載する。

 両モデルは,XPSモデルで採用しているドロップヒンジ・デザインを取り入れており,色は標準のジェット・ブラックに加え,プラム・パープル,タンジェリン・オレンジ,フラミンゴ・ピンクなど6色を用意。グラファイト・グレイの本体に黒,青,ピンク,赤のトリムを組み合わせたオプションも選択できる。Inspiron製品と同じように,オプションで同じ色でそろえたバックパック,スリップ・カバー,マウス,イヤホンといったアクセサリや周辺機器を用意する。

 価格はStudio 15が799ドルからで,Studio 17が999ドルからとなっている。

発表資料へ