PR

 英Virgin Group傘下の米Virgin Mobile USAは米国時間2008年6月27日,韓国SK Telecomと米Earthlinkが合弁で設立したMVNO(仮想移動体サービス事業者)の米HELIOを買収すると発表した。Virgin Mobile USAのクラスA普通株1300万株で買い取る。前日の終値で換算すると約3900万ドルに相当する。

 Virgin Mobile USAは,5月にSKと交渉中であることを明らかにしていた(関連記事:Virgin Mobile USA,SKとEarthlinkによる合弁HELIO獲得に向け交渉中)。買収手続きは2008年第3四半期に完了する見込み。

 Virgin Mobile USAは自社ネットワーク費用の節約を実現すると同時に,HELIOの業務と顧客獲得費用の改善を図る。人員縮小などを通じて,HELIOの一般および管理(SG&A)費用を2008年末までに70%以上削減する。HELIOのサービスはVirgin Mobileブランドのもとに集約する。HELIOのユーザーは約17万人で,ユーザー1人あたりの月額支出は平均約80ドル。米メディア(New York Times)によると,今年初めには20万人近いユーザーがいた。

 なお,SKとVirgin Groupは各2500万ドルずつ,合計5000万ドルをVirgin Mobile USAに投資する。SKはVirgin Mobile USAの株式の約17%を保有することになり,2人の取締役を送り込む予定。

 Virgin Mobile USAのCEO(最高経営責任者)であるDan Schulman氏は,「HELIOを取得し,SKとVirgin Groupから出資を受けることは,当社の財務面と戦略面の両方において膨大な利益となる。また,獲得する資産によって,当社の規模拡張とネットワーク費用削減が可能になり,HELIOユーザーは即座にその恩恵を受けられる」と述べた。

[発表資料へ]