PR
写真●資本・業務提携を発表したパナソニック モバイルコミュニケーションズの和田良一取締役副社長(左)とNTTデータの荒田和之取締役常務執行役員
写真●資本・業務提携を発表したパナソニック モバイルコミュニケーションズの和田良一取締役副社長(左)とNTTデータの荒田和之取締役常務執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ(パナソニックモバイル)とNTTデータは2008年7月2日,資本・業務提携で基本合意したと発表した(写真)。パナソニックモバイルの100%子会社で組み込みソフトを開発するパナソニックMSE(PMSE)の発行済み株式のうち60%をNTTデータが取得し,10月1日に新会社を発足させる。
 
 今回の提携では,パナソニックモバイルは大規模なシステム開発の経験が豊富なNTTデータの協力を得ることで,携帯電話向けソフト開発を強化するのが狙い。携帯電話のソフト開発は大規模化する傾向にあり,「NTTデータの品質管理などのノウハウを取り入れて,効率化を図りたい」と,パナソニックモバイルの和田良一取締役副社長は説明する。

 一方のNTTデータは,今後の成長を見込んでいる組み込みソフト開発事業を強化したい考えだ。現在の組み込みソフトの売り上げは100億円程度だが,パナソニックモバイルとの提携効果によって2010年度をめどに300億円の売り上げを目指す。

 10月に発足する新会社の社名は未定。PMSEの組み込みソフト開発事業と従業員の雇用はそのまま継続する。

[発表資料へ]