PR
ベリングポイントの内田士郎社長
ベリングポイントの内田士郎社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「ITで企業の競争力を高めるには、利用者のヒューマンスキルを高めることが重要」。ベリングポイントの内田士郎社長は、2008年7月1~3日に開催された「IT Japan 2008」で、グローバル競争でITが果たす役割について講演。ITを活用した競争力強化には、社内のヒューマンスキル向上が欠かせないと力説した。

 講演でまず内田社長は、世界で起こっているグローバル化の現状を紹介した。「複数の国でビジネスを展開するグローバル(多国籍)企業は世界に6万社あるが、9割が先進諸国に集中している。さらに、6万社のうち上位100社で世界の総生産の4分の1を占める」(内田社長)ほどに、上位企業への富の集中が起こっている。

 グローバル化の影響は、貿易統計にも表れている。「総貿易額のうち3分の1は、例えば、松下電器産業の日本法人と中国現地法人との間で、部品や完成品を輸出入するといった、多国籍企業のグループ内の取引で占められている」(内田社長)。貿易という言葉から想像しにくい、企業グループ内取引がここまで大きくなっている。

 内田社長は、このようなグローバル化の本質を「人と金、モノが、情報によって付加価値を持ち、世界を駆け巡るようになったこと」と指摘。ITの活用が進んだことが、国家の枠組みを超えて企業活動が広がった背景になったと解説した。その結果、企業間の競争が激化。合理化や効率化、持続的な成長を求められるようになり、これまでは国内市場で地位を保っていた企業も、退出を迫られるケースが出てきているという。

 内田社長は、ここ数年で企業のグローバル化の意味が変わってきていることも指摘した。「90年代後半までは、PCやインターネットの普及・発展を背景に、ITを積極活用することが、企業のグローバル化につながっていた」(内田社長)。ERP(統合基幹業務システム)の導入ブームが一例だ。しかし現在は、企業がITを活用するだけでは、グローバル化に直結しないと言う。「ITのほかに、会計や法令順守などの制度、業務プロセスのあり方などの観点から取り組む必要がある」(内田社長)。

 特にITが苦手とするのが、変化への適応だと内田社長は指摘する。何をするべきか方向性が決まっている課題(確定問題)は、情報量が多いほどより良い対応が取れる。しかし「解決方法が不確実な課題は、いくら情報を集めても答えが出せない」(内田社長)。情報量の代わりに、集めた情報をどう分析・推定するかとという「分析・推定力」が求められるようになるという。

 その上で、内田社長は企業がグローバルで勝つためには、以下の四つのポイントへの取り組みがカギを握るとした。(1)「帰納的、演繹的思考」に加え「仮説検証型思考」を身に付け、実践する、(2)組織能力と個人能力をバランスさせて高める、(3)「World-Class」を意識して、人材確保や教育、制度対応、業務プロセス改善などを進めること、(4)ITの活用と人間力の両方に目を向けること――である。

■変更履歴
タイトルを変更しました。 [2008/7/4 16:35]