PR

 EC(電子商取引)関連ソフトウエアのロックオンは、同社のオープンソースECサイト構築/運営ソフトウエア「EC-CUBE」を使うネット店舗構築支援サービスの提供を開始した。EC-CUBE導入済みサーバーと決済/ドメイン/SSLといったECサイト構築に必要な機能を一括提供する。ソフトウエアのダウンロードやインストールといった手間を不要にし、独自性のあるECサイトの構築を支援する。

 サービスの名称は「EC-CUBE one!」。プランは、導入しやすい「エントリー」(ストレージ容量は5ギガバイト)、カスタマイズ可能な「スタンダード」(同10ギガバイトまたは20ギガバイト)、専用サーバー/ストレージで運用する「エンタープライズ」の3種類を用意する。料金は、初期費用が1万5000円(エントリー/スタンダード)または10万円(エンタープライズ)、月額費用が月額4800円(エントリー)、月額8400円から(スタンダード)、月額5万円から(エンタープライズ)。ECサイトの規模拡大に合わせ、上位プランへと移行可能。

 EC-CUBEは、オープンソースソフトウエアとして無償で利用できる。携帯電話向けサイトの構築も可能で、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのサービスに対応している。

■関連情報
・ロックオンのWebサイト http://www.lockon.co.jp/