PR

 いつ終わるともしれない壮大な「Microhoo」の物語は,ここに来て予想外の展開を見せた。米Microsoftが2008年7月7日(米国時間),「投資家Carl Icahn氏による米Yahoo!役員の総入れ替えが成功したら,同社の完全買収を再度検討する」と発表したのだ(関連記事:Yahoo!株主のIcahn氏とMicrosoft,「新取締役会が選出されれば交渉再開」)。Icahn氏は,Microsoftを味方につけたことで,Yahoo!役員会との戦いを有利に進められるようになる。対するYahoo!役員会はこの数カ月,同氏の声明に一々反応し,まともに取り合わない姿勢を強めてきた。

 Microsoftが方針を転換したという情報は,Icahn氏がYahoo!の株主に送った書簡に記載されていた。驚いたことに,Microsoftはこの記述を追認したうえ,Yahoo!の現役員を退陣させようとしているIcahn氏を支持することも認めた。

 Icahn氏のYahoo!株主あて書簡には,「(MicrosoftのCEOである)Steve(Ballmer氏)は,これまでYahoo!と交渉してきた数カ月の経験から,現在の役員会との提携交渉が不可能であると明言した」と書かれていた。「その一方で,Steveは私に対し『新たな役員が選ばれれば,Yahoo!との大規模な提携を交渉したい。同社の検索事業を買収するのに好条件を提示しても構わないし,全社を買収してもよい』と言い切った」(Icahn氏の書簡)

 Icahn氏の書簡に対し,Yahoo!役員会の反応は極めて挑戦的だった。「MicrosoftとBallmer氏が本当に当社を買収したいのなら,すぐに条件を提示してほしい。これまで幾度となく交渉から逃げたMicrosoftでも合意する可能性のある現実的なプランをIcahn氏が持っているなら,ぜひ伺いたい」(Yahoo!の声明)