PR

 米IBMは米国時間2008年7月8日,インターネット・ユーザーが協調してWebページのアクセシビリティを向上させるコラボレーション・ソフトウエア「Social Accessibility collaboration software」を公開した。このソフトウエアにより,協調的な方法で視覚に障害を持つユーザーのWebアクセシビリティをサポートできるようになる。

 IBM Researchが開発した新しいコラボレーション・ソフトウエアにより,視覚障害者は特定のWebページにおいて直面したアクセシビリティの問題について報告できるようになる。アクセシビリティの向上をサポートしたいと考えるインターネット・ユーザーは,ツールを使ってテキストを追加することで,視覚障害者から報告された問題の解消をサポートできる。

 たとえば,既存のスクリーン読み上げソフトウエアでは,掲載されている写真の内容について情報を提供できない。このような場合,視覚障害者はコラボレーション・ツールを使って写真の説明を追加するようにリクエストする。リクエストは,Webアクセシビリティの向上をサポートするプロジェクト「Social Accessibility Project」のWebサイトをホスティングするサーバーに自動的に送信される。

 プロジェクトのWebサイト上でこのリクエストを見た登録ユーザーは,コラボレーション・ツールを使って短い説明文を追加できる。追加されたテキストは,自動的に外部のメタデータとして登録される。次に視覚障害者が同じWebパージにアクセスすると,スクリーン読み上げソフトウエアは追加された写真の説明を読み上げるようになる。

 Social Accessibility ProjectのWebサイトは,スクリーン読み上げソフトウエアのユーザーがインターネット・ユーザーが提供した外部メタデータの品質を評価できる機能を備えている。また,積極的に参加しているユーザー名はプロジェクトWebサイトのトップ・ページに掲載される。

 Social Accessibility ProjectのWebサイトとコラボレーション・ツールは, IBM alphaWorks ServicesのWebサイト上で無料で利用できる。

発表資料へ