PR
写真1●ソフトバンクの孫正義社長(中右)とソフトバンク表参道の春日三穂子店長(中左)
写真1●ソフトバンクの孫正義社長(中右)とソフトバンク表参道の春日三穂子店長(中左)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●本日の受付終了を知らせる看板
写真2●本日の受付終了を知らせる看板
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●iPhoneのカメラで遊ぶ孫社長
写真3●iPhoneのカメラで遊ぶ孫社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●行列の先頭に居た男性
写真4●行列の先頭に居た男性
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●契約第1号ユーザー(右)と孫社長(左)
写真5●契約第1号ユーザー(右)と孫社長(左)
[画像のクリックで拡大表示]
写真6●行列の数十番目くらいにいた男性。auからの乗り換えだという
写真6●行列の数十番目くらいにいた男性。auからの乗り換えだという
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2008年7月11日午前7時、米アップルの携帯電話端末「iPhone 3G」の販売を開始した。正式販売は本日正午の予定だが、東京・原宿駅近くの旗艦店「ソフトバンク表参道」では午前7時から先行販売となった。当日6時45分からはソフトバンクの孫正義社長も来店し、販売開始までのカウントダウンを行った(写真1)。

 7日から店舗前に並び始めた購入希望客の行列は、11日朝までに1500人近くに達した。当日分の販売台数に達したため、ソフトバンクモバイルは今朝未明に受付を中止している(写真2)。回線開通など膨大な事務作業に対応するため、「ソフトバンク表参道の受付数は通常の2倍、スタッフ数は2.5~3倍に増やした」(ソフトバンクモバイル広報)という。

 カウントダウンイベントに出席した孫社長は「携帯電話がインターネットマシンになるとずっと思ってきたが、今日はその記念すべき日だ。パソコンよりもiPhoneの方がインターネットを使っていて便利という時代になる。皆さんと興奮と感動を共有できて嬉しい」と挨拶。カウントダウン開始までの待ち時間はiPhoneのカメラ機能で遊んでみたりと、熱心にiPhoneを操作していた(写真3)。

 販売開始前の購入希望客へのインタビューでは、行列の先頭の男性が「ぜひ(iPhoneに搭載したブラウザの)Safariを使ったインターネットアクセスを楽しみたい」としたほか、ほかの男性も「新しい端末なのでなるべく早く使いたい。まずはインターネットに使いたい」など、Web閲覧用途への期待が大きい様子だった(写真4)。

 午前7時のiPhoneの販売開始後、最初に契約できたのは4番目に並んだ男性だった。「前に並んでいた人に申し訳ない」と恐縮しながらも終始満面の笑みだった(写真5)。日本最初のiPhoneユーザーとなった男性の最初の用途は「彼女に電話しました」とのこと。日本のiPhoneはラブコールから幕を開ける、明るい船出となった。