PR
写真1●ヨドバシAkibaのイベントに出席したソフトバンクの孫正義社長(右)と俳優の谷原章介さん(左)
写真1●ヨドバシAkibaのイベントに出席したソフトバンクの孫正義社長(右)と俳優の谷原章介さん(左)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iPhoneを手渡す孫社長(左)と受け取る青木さん(右)
写真2●iPhoneを手渡す孫社長(左)と受け取る青木さん(右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●左から谷原さん、孫社長、青木さん、ヨドバシカメラの藤沢昭和社長、ヨドバシAkibaの松井昭二郎店長
写真3●左から谷原さん、孫社長、青木さん、ヨドバシカメラの藤沢昭和社長、ヨドバシAkibaの松井昭二郎店長
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2008年7月11日正午、米アップルの携帯電話端末「iPhone 3G」を正式発売した。午前7時からソフトバンク表参道で先行発売していたが、正午からは全国のソフトバンクショップや家電量販店で販売を始めた(関連記事)。正式発売に併せ、東京・秋葉原駅前の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」(ヨドバシAkiba)ではカウントダウンイベントを開催。孫正義社長やソフトバンクのCMに出演する俳優の谷原章介さんが出席した(写真1)。

 カウントダウンイベントの挨拶で孫社長は「iPhoneほど人々に感動を与えられる電気製品は歴史上いくつもない。ぜひ1人でも多くの人に感動を提供したい」とコメント。「1000~2000曲もの音楽をiPhoneの中にためられる。6500種類の周辺機器やアクセサリを使って、音楽を自宅のスピーカーで聞くことなどができる。モーションセンサーを使った新しいゲームも楽しめる。インターネットアクセスはパソコンよりもiPhoneの方が楽しめるんじゃないかと思う」と“楽しいユーザー体験”を強調した。

 孫社長とともに登壇した谷原さんは「もともとアップルユーザーでiPhoneの登場を待っていた」と期待を寄せる。iPhone 3Gを先行利用していたという谷原さんは「クールなデザインであるうえ、洗練されたユーザーインタフェースでボタンが少ない。ブラウジングも海外で発売された初代より速くなり格段に使いやすくなった」と感想を述べた。

 利用した感想に続き、「何より(iPhone向けソフトウエアをダウンロードできる)『App Store』がiPhoneの可能性を広げる。今までの携帯電話は新機能を使うには端末を買い換えるしかなかった。しかし、iPhoneはソフトの追加で新機能を入れたり、自分なりのカスタマイズができる」と“IT通”な一面を見せ、報道陣を驚かせた。

 挨拶に続いて正午には、購入希望客とともにカウントダウンを行った。ヨドバシAkibaは本日朝から整理券を配布し、それを最初に受け取った青木さんに孫社長からiPhoneを手渡し。青木さんは「感無量です」と破顔一笑した(写真2、写真3)。なお、ヨドバシAkibaでは本日分の整理券の配布はすでに終了しているという。