PR

 米アップルは2008年7月14日,日本を含む世界21カ国で7月11日から発売したiPhone 3Gの販売台数が,発売3日目の13日に100万台を突破したと発表した。2007年6月に米国で発売した初代のiPhoneは,100万台に達するまで74日間かかっている(発表資料)。iPhone 3Gでは販売する国が増えたことによる影響も大きいが,滑り出しは順調と言えそうだ。

 iPhone 3Gは現在,オーストラリア,オーストリア,ベルギー,カナダ,デンマーク,フィンランド,ドイツ,香港,アイルランド,イタリア,日本,メキシコ,オランダ,ニュージーランド,ノルウェー,ポルトガル,スペイン,スウェーデン,スイス,英国,米国の21カ国で販売中。日本における販売台数は未公表(ソフトバンクモバイル)だが,調査会社のジーエフケーマーケティングサービスジャパンが発売日当日のソフトバンクモバイルの販売シェアが50%に到達したことを発表している(関連記事)。

 なおアップルは,iPhone 3G発売に合わせてスタートしたiPhoneとiPod Touch向けのアプリケーション・ダウンロード・サービス「App Store」(関連記事)のダウンロード数が,この週末に1000万本を超えたことも併せて発表している。

[発表資料(iPhone 3G 100万台突破)]
[発表資料(App Store 1000万本ダウンロード)]