PR
写真●iPhone向けそろばんアプリ「Abacus」のイメージ。スキンは3種類用意した。
写真●iPhone向けそろばんアプリ「Abacus」のイメージ。スキンは3種類用意した。
[画像のクリックで拡大表示]

 IT関連ベンチャーのアシアルとコントロールプラスは2008年7月15日,iPhone 3GおよびiPod Touchで動作するそろばんアプリケーション「Abacus」を無償公開すると発表した。今後両社は協業しiPhoneなどの携帯プラットフォーム向けのアプリケーション開発支援や技術研究を手がける。

 Abacusは指でそろばんの玉を弾くことで,通常のそろばんと同じような操作感で利用することできる。玉を弾く音も再現している。現在iPod Touch対応版を公開しているが,利用するにはiPod Touchのプロテクトを解除(JailBreak)する必要がある。iPhone対応版は近く公開する予定。スキンは茶色,白,青の3種類を用意した。

 両社はアシアルの技術力とコントロールプラスのデザイン力を組み合わせ,使い勝手を追求した製品開発,新規性の高い製品の提供,iPhone向けソフトやサイト構築の支援,各種サービス・サポートの4分野で協業するとしている。

 「Abacus」は両社が開設したWebサイトiPhone Labsからダウンロードできる。