PR

 地域情報誌「東京ウォーカー」などを発行する角川クロスメディアは7月17日より、誌面に掲載を予定する新店のオープンやイベントなどの情報をWebサイト「ウォーカープラス」で先行して配信すると発表した。新聞などが採り入れている「ウェブファースト」の手法によるサービスで、情報誌としては国内初の試みという。

 現在は雑誌編集部が入手した情報を数週間後に発行する雑誌に掲載しているが、今後はサイトで先行配信することで、閲覧者の反応を確認し、関心の高い情報をより掘り下げて誌面作りを行う。

 これに伴い各雑誌編集部の組織を変更する。編集部内に新宿、銀座といった地域ごとの担当記者を配置し、効率よく情報を収集する体制を整える。

 サイトに掲載する記事は、原則無償で外部のインターネットプロバイダーやインターネットメディアに解放する。ブログやポータルサイト、コミュニティサイトとも連携する。このほか携帯電話向けサイトでの展開を計画している。

■関連情報
・角川クロスメディアのWebサイト http://www.kxm.co.jp/