PR

 NECエレクトロニクスは2008年7月22日,総務省とデジタル放送推進協会(Dpa)が仕様ガイドラインを作成した地上デジタル放送の簡易チューナー向けのシステムLSIを開発したと発表した。これまで複数の半導体製品を組み合わせて実現していた「フルセグOFDMチャネルデコーダ回路」と画像圧縮・伸張などを行なう「画像処理回路」を,1チップ化した(発表資料)。

 さらに,映像・音声用D/Aコンバーターやスマートカードインターフェースなど,地上デジタル放送受信機に必要な周辺回路の集積化を図った結果,簡易チューナーの大幅なコスト低減が可能になるという。同社はこの開発品の特性・性能評価などを行った後,簡易チューナーの開発・生産を計画するメーカーなどに対して,2008年秋からサンプル出荷を行なう予定である。