PR
写真1●同時に2系統の携帯電話をインターネット接続に利用できるブロードバンド・ルーター機器「FutureNet XR-430」
写真1●同時に2系統の携帯電話をインターネット接続に利用できるブロードバンド・ルーター機器「FutureNet XR-430」
[画像のクリックで拡大表示]

 センチュリー・システムズは,同社が2008年8月末に出荷を予定している,WAN回線として携帯電話を利用可能な小型ルーター機器「FutureNet XR-430」を,ワイヤレスジャパン2008のブースで展示した。価格はオープンだが,同社によれば,おおむね8万円から9万円程度になるのではないか,としている。

 FutureNet XR-430は,ブロードバンド・ルーター機器。ネットワーク・インタフェースは4つで,有線LAN(RJ-45)が2系統と,携帯電話が2系統である。携帯電話接続インタフェースは,CFカード・スロットが1つと,USBポートが2つ。このうち同時に2台までの携帯電話をネットワーク・インタフェースとして利用できる。3.5世代(3.5G)携帯電話のデータ通信サービスなどを使うことで,WAN回線をワイヤレス化したネットワークを構成できる。これらとは別に,コンソール・ポート(シリアル)を1つ備える。

 ブロードバンド・ルーター用途として,PPPoE,同時4マルチセッション,IP Unnumbered接続,DHCPサーバー/クライアント,NTPサーバー/クライアント,ファイアウォールなどの機能を備えている。IPsecによるVPN機能も持つ。VPN使用時の性能は,約12.6Mビット/秒。ルーティング・テーブル交換プロトコルはRIPおよびOSPF。VRRPによるルーター機器の多重化が可能。運用管理機能は,稼働ログをSyslogとして出力できるほか,SNMPエージェント機能を備える。

 外形寸法は,幅121×高さ34×奥行103ミリ・メートルで,重さは約400グラム。使用電源はDC 5ボルト2アンペアで,ACアダプタ(約120グラム)が付属する。