PR
SaaSがもたらすインパクトについて語る、アクセンチュアの沼畑幸二 テクノロジーコンサルティング統括エグゼクティブ・パートナー
SaaSがもたらすインパクトについて語る、アクセンチュアの沼畑幸二 テクノロジーコンサルティング統括エグゼクティブ・パートナー
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都内で開催中の「SaaS&エンタープライズ2.0フォーラム2008」にて、「SaaSは企業に何をもたらすのか」と題した基調講演が催された。壇上に立ったのは、アクセンチュアの沼畑幸二 システムインテグレーション&テクノロジー本部テクノロジーコンサルティング統括エグゼクティブ・パートナーである。

 沼畑氏は、SaaSによってインパクトを受ける企業を、提供側と利用側の二つに分けて説明した。

 SaaSを提供するベンダー企業は、かつてASP(Application Service Provider)に取り組んだ過去を持つ。沼畑氏は、「SaaSとASPのアーキテクチャは全く異なる」と注意を促す。ASPは“既製服”のようなもので、ユーザー企業ごとにサーバーやストレージなどのインフラを用意するサービスだった。「ユーザー企業は固定資産としてインフラや人員を抱えることになり、実態はアウトソーシングとあまり変わらなかった」。外部システムと連携する仕組みもなく、単体のシステムとして提供するサービスが主流だった。

 一方、「SaaSは開発環境、本番環境、サーバー、ストレージ、ソフトウエアをマルチテナントで提供する共通プラットフォームのサービスだ」と沼畑氏は説明する。共通プラットフォームの上で、Webサービスの仕組みを使って外部のシステムと相互に連携させられる。

 ASPとSaaSではアーキテクチャが違うため、アプリケーション管理、データの持ち方、インフラの構築/維持が変わってくる。例えばアプリケーションのバージョン管理やオブジェクト管理の場合、ASPでは顧客やサーバーごとに管理できればよかったが、SaaSでは共通プラットフォーム全体として管理できる手法やノウハウが必要になる。これが、ベンダー企業がSaaSに取り組む上での課題となる。

 導入するユーザー企業側にも課題がある。SaaSの場合、セキュリティや既存システムとの連携、ランニング・コスト、機能要件、パフォーマンスなどが、個別対応で構築したシステムに比べて見劣りすることだ。

 このため、沼畑氏はすべてのシステムがSaaSと置き換わるとは考えていない。「オフィス・ツールやポータル・サイト、コラボレーション・ツールなど、利用企業の業界に特有のカスタマイズが必要ない領域であれば、SaaSを導入しやすい」と指摘する。勤怠管理や経費精算、物流関連、金融関連などのSaaSについても、社内システムと連携させた形で導入しやすい。一方、沼畑氏が「導入しづらい」と見ている領域は、ERP(統合基幹業務システム)やCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)、SCM(サプライチェーン・マネジメント)といった個別対応が欠かせない業務システムの領域だ。

 しかし、ユーザー企業の経営層は、自身の経営判断に追従できるだけのスピードを、自社のシステムに求めている。短期間に導入可能なSaaSであれば、こうした経営層のニーズに応えられる。沼畑氏は「ベンダー企業にとってはビジネス・チャンス。ユーザー企業にとっては選択肢の一つになっている」と指摘。「SaaSを真剣に検討する時代がやってきている」と講演を締めくくった。