PR

 米国のソフトウエア業界団体Software & Information Industry Association(SIIA)は米国時間2008年7月24日,米eBayのオークション・サイトで海賊版ソフトを販売したとして訴えられていたJeremiah Mondello被告(23歳)に対し,裁判所が禁固48カ月を言い渡したと発表した。被告は,禁固刑終了後3年間は保護観察下に置かれ,年間150時間の社会奉仕活動が義務付けられる。さらに,被告のパソコンと現金22万ドルの押収が命じられた。

 被告は2008年5月,盗んだ個人情報でeBayに偽アカウント開設し,海賊版ソフトを販売したことを認めていた(既報)。盗んだ銀行口座の情報を使って40以上の架空ユーザー名でeBayにアカウントを開設。数千件に及ぶオンライン・オークションで小売価格100万ドル相当の海賊版ソフトを販売したという。

 なお,SIIAは同日,オークション・サイトで違法ソフトを販売した個人に対して新たに6件の訴訟を起こしたと発表した。SIIAは,海賊版ソフト撲滅の一環として取り組んでいる活動「Auction Litigation Program」を通じて,2008年2月に9件,同年3月に8件,同年5月に9件の訴訟を起こしている。今回の6件を加えて,SIIAが2008年に起こした訴訟件数は合計32件となる。

発表資料へ