PR

 楽天グループのオークション運営会社、楽天オークションは、利用者が受け渡す商品の配送方法を追加し、8月1日より従来の「匿名配送」に加えて「通常配送」を選べるようにする。配送方法の追加に合わせ、オークション取引時の損害を補償するサービスの提供も始める。

 楽天オークションは、商品の送り手と受け手が住所や氏名などの個人情報を開示する必要のない配送方法を提供してきた(関連記事)。しかし、個人情報を交換して取引することを望むユーザーが多いことから、お互いの住所/氏名/電話番号を開示して商品を直接受け渡す配送方式を選べるようにしたという。

 通常配送を利用すると、匿名配送では送れなかった大型商品や冷蔵/冷凍を必要とする商品も配送できるようになり、出品できる商品の幅が広がる。メール便も利用でき、小さな商品は安価に送れる。通常配送でも代金の支払いは同社を経由して行い、安全に取引できるようにする。

 オークション損害を補償するサービスの名称は「楽オクあんしん補償サービス」。落札者または出品者が相手の不正行為で損害を受けた場合、同社が状況に応じて補償金を支払う。補償金の額は配送方法によって異なり、通常配送では落札価格の80%相当(上限は10万円)、匿名配送では落札価格と送料の合計額(同30万円)とする。

 同社は、今後コンビニエンスストアでの商品代金支払いに対応するなど、サービスを拡充させる計画。

■関連情報
・楽天のWebサイト http://www.rakuten.co.jp/
・楽天オークションのWebサイト http://auction.rakuten.co.jp/