PR

 ミクシィは7月28日、ソーシャルネットワーキング サービス(SNS)「mixi」で、タレントやアーティストが特別の会員として参加し、一般の会員と交流する「公認アカウント」サービスを開始すると発表した。

 タレントやアーティストに特別会員としてのアカウントを発行し、それぞれの会員用ページに「mixi公認」というロゴを表示する。またタレントやアーティストの会員用ページをまとめたリストをmixi上に公開し、一般会員を誘導する。一般会員は「マイミクシィ」としてリンクを張れる会員の数が1000人までだが、特別会員についてはこの制限を解除し、タレントやアーティストがより多くのファンと交流できるようにする。

 一般会員は、気に入ったタレント、アーティストの会員用ページで日記を読んだりコメントを付けたりできるほか、マイミクシィとして登録することで、各種の更新情報を自分の会員用ページから入手できるようになる。タレント、アーティストは日記のほか、フォトアルバム、動画などの機能を利用したプロモーションを行う。

 アーティストが会員として参加し、ファンと交流する仕組みは、米SNS大手の「マイスペース」なども導入している。

■関連情報
・ミクシィのWebサイト http://mixi.co.jp/