PR

 米IBMは米国時間2008年7月29日,携帯電話に記録した写真や音声,テキストなどを関連付けることで,忘れてしまった事柄を思い出すのに役立つ技術(開発コード名「PENSIEVE」)を開発中だと発表した。

 画像処理,GPS(全地球測位システム),文字認識,音声認識など,さまざまな手法を組み合わせる。ファイルが作成された時間や場所などの情報を基に,写真や音声,テキストの関連付けを行い,検索しやすくする。

 例えば,カンファレンスで初めて会った人物について,携帯電話でその人の顔と名刺の写真を撮ったとする。同じ日時に同じ場所で撮った写真であることから,新技術では2枚の写真を同じ人物に関する情報であると自動的に判断する。名刺の写真からは,文字認識技術を使って名前,社名,電話番号などを抽出し,プロフィール・データを作成する。

 その人物とどこで会ったか忘れてしまっても,名前さえ覚えていればすべての関連情報を取り出すことができる。また,初対面の前後にどのような出来事があったかを調べることも可能だ。

 IBMは今後,携帯電話機メーカーや携帯用ソフト開発会社と協力して,この技術の実用化を目指していくという(CNET Newsによる)。

[発表資料へ]