PR

 米IBMは米国時間2008年7月29日,東京証券取引所会長の西室泰三氏を9月22日付けで社外取締役として迎えると発表した。同氏が加わることで,IBMの取締役は13人となる。

 西室氏は2005年6月に東京証券取引所の会長に就任し,同年12月から2007年6月まで社長と最高経営責任者(CEO)を兼務した。それ以前は,東芝で1996年6月から2000年6月まで社長兼CEOを,その後2005年5月まで会長を歴任した。現在は東芝の相談役を務めている。

 IBM会長,社長兼CEOのSamuel J. Palmisano氏は,「西室氏はアジア市場のニーズについて独自の解釈を持っており,その知識と洞察が当社に大きく貢献してくれるだろう」と語った。

[発表資料へ]